福岡県筑紫野市「鳩対策」のTMカンパニー

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

ハトとは

ハトとは、ハト目・ハト科に属する鳥類の総称です。 歩くときに首を前後に振る「首振り歩行」で知られています。

雑草などの植物の種子が主食ですが、ミミズなども食べることがあり、雑食です。 雛の間は、親の喉に嘴を差し入れて半消化物を食べます。

ハトの名前は、飛び立つときの音に由来しているのだそうです。 平和の象徴とされることもしばしばで、神社のおつかいとしても親しまれています。

日本では1980年代あたりから都市部を中心にハトによる食害や糞害が多発し、問題化しています。

ハトの特徴

ハトの特徴・地球の磁場に敏感で、正確な方角に飛ぶことが出来ます
・栄養状態が良ければ一年中繁殖します
・全長は30~35cm
・食性は雑食(植物の種子やミミズなど)
・ドバト(主に市街地で多く見られるハト)は、鳥獣保護法で捕獲・殺傷することが禁じられています

主なハトの害

・糞による悪臭
・建築物の汚損による不快感・洗浄費用がかさむ
・病気の媒介(クリプトコッカス病・オウム病など)
・寄生するダニなどによる不衛生
・鳴き声による騒音
・農作物の食害

ドバトとカワラバトについて

イエバトは、伝書鳩やレース鳩として家禽化されたカワラバトのことです。 ドバトは、そのイエバトが逃げだし、再び野生に帰ったカワラバトのことです。

ドバトは、元々は狩猟対象でしたが、飼育されている鳩を誤射してしまう危険があるため、鳥獣保護法で保護されるようになった経緯があります。 様々な品種改良が施されたため、銀鳩のように真っ白なものから、カラスのように羽の黒いものまで、様々な種類がいます。

ハトの被害を防ぐために

1. エサを与えない

栄養状態がよいハトは一年中繁殖します。
このため、エサやりなどの習慣がある地域では、個体数が急激に増加してしまいます。

2. 巣作りしやすい環境を与えない

死角が出来てしまうような物を撤去(植木鉢など)
死角になる場所を塞ぐ(室外機など)
常に清潔な状態を維持する(フンが残っていると飛来しやすくなります)
徹底して追い払う

ハトの駆除方法

1. ネズミを捕獲する。(物理的駆除)

カゴや粘着シートによる方法
ネズミの食べ慣れているもの(実際に被害にあった食べ物などが効果的)をエサとして使い、ネズミの通路の近くの物かげなどに仕掛けます。
※ネズミの警戒心を解くため、カゴや粘着シートは数日間は動かさないで下さい。

2. 毒エサにより駆除する。(化学的駆除)

ネズミの好むエサに殺そ剤を混ぜて、食べさせます。
※ネズミによっては、警戒心が強く毒エサを食べない場合があります。
また、クマネズミの様な毒に耐性のあるネズミもいます。

3. 超音波・電磁波で追い払う。(環境的駆除)

超音波・電磁波によってネズミにストレスを与る空間を作り、他の場所へ移動させます。
超音波は室内、電磁波はコンセントを通じて壁裏の配線周辺の広範囲に作用します。
※ネズミにとって不快に感じる環境を作る特性のため、設置後すぐにネズミが居なくなる物ではありません。
同様に侵入してきたばかりのネズミにも、効果が現れるまで時間が掛かります。長期的な対策になります。
また、他により居づらい場所がある場合や、エサが豊富にある場合は、我慢してでも居続ける事があります。 逃げ出したネズミが別の部屋へ移動することもあります。
効果が現れるまで、上記の対策と併用する事をお勧めします。

4. ネズミ駆除に関するご注意

毒エサを誤って、お子様やペットが食べないようにご注意下さい。
罠や毒エサで駆除したネズミは、早めに処理をしましょう。 放っておくと、ダニが繁殖する恐れがあります。(夏場は特に注意してください。)
ネズミを追い詰めたりストレスを与えると、人に噛み付くことがあるのでご注意下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 092-927-3434 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

お問い合わせ

・有限会社 T・Mカンパニー
・福岡県筑紫野市筑紫駅前通1-155-2-701
・092-927-3434

PAGETOP
Copyright © 有限会社 T・Mカンパニー All Rights Reserved.